美容皮膚科での脱毛

ムダ毛のお手入れは女性にとって面倒で煩わしいものです。自己処理ではどうしても肌トラブルや、ムダ毛が残る心配があります。そこで、サロンや美容皮膚科を利用する女性が増えているのです。仕事帰りに気軽に脱毛できる時代となったのです。このサイトは、美容皮膚科で行う本格的な脱毛について紹介します。

脱毛はサロンやクリニックなどの美容皮膚科で行いますが、この2つの施設はどう違うのでしょう。サロンでの脱毛は、光脱毛と呼ばれるものが主流で、これは出力の弱い光を当てることで、ムダ毛を細くしたり生えにくくしたりするものです。毛根にダメージを与えますが、組織を破壊することはありません。組織を破壊するには資格が必要となるからです。そして、その資格を持っているのが美容皮膚科です。つまり、美容皮膚科は医療機関なのです。

医療機関で行う脱毛は、レーザー脱毛と呼ばれるもので、強い特殊な光を脱毛したい部分に当てることで、毛を作り出す組織を破壊してしまいます。サロンの脱毛が、一時的な脱毛であることに対し、美容皮膚科での脱毛はほぼ永久脱毛とも言える本格的なものとなります。美容皮膚科は医師が常駐しているため、万が一のトラブルにもすぐに対応できます。サロンは肌トラブルなどには対応できませんから、そういう点でも美容皮膚科は優れているのです。このように、サロンと美容皮膚科の脱毛は大きな違いがあり、本格的な脱毛をしたいという人や、安全な脱毛を望む人は美容皮膚科がいいでしょう。