本格的な脱毛なら

脱毛はサロンなどで行うことが一般的ですが、厳密に言えばサロンでの脱毛は減毛といったニュアンスになります。これに対し、クリニックなどの美容皮膚科で行う脱毛は、本格的な脱毛と言えます。サロンと美容皮膚科の根本的な違いは、医療機関であるかどうかです。医師がいなくても施術できるのがサロンで、美容皮膚科は医師が常駐し、責任ある施術を行ってくれるのです。

美容皮膚科での脱毛法はレーザー脱毛と言う、サロンよりも強い出力の光を当てるものになります。これはメラニン色素に反応するため、毛根にある毛母細胞などムダ毛を作りだす組織に直接作用し、その組織を破壊してしまいます。組織が破壊されるということは、もうそこからはムダ毛が生えてこないのです。

また、サロンでは肌トラブルには対応できませんが、美容皮膚科は医療機関ですので医師による診察が可能です。つまり万が一のときも心配なしで利用できるわけなのです。施術自体も有資格者である医師が行いますので、安心でしかも確実な効果が実感できます。それでも心配な方は、施術前に医師の診断がありますので、肌の状態や気になる点をしっかりと診てもらいましょう。本格的な脱毛を望むなら、美容皮膚科がおすすめです。

関連HP・・・http://www.ma-me.jp/
└医療レーザー脱毛ができる美容皮膚科のサイトです。

サロンか美容皮膚科か

女性にとってムダ毛は大きな悩み事の一つと言えます。暑い季節になってくると、肌を露出したファッションになりますが、そこで気になるのがワキや腕のムダ毛です。せっかくお気に入りの洋服をきていても、ムダ毛のせいですべてが台無しになってしまいます。そういう意味で、女性にとってムダ毛の処理は日常的な問題で、多くの女性が脱毛を行っているのです。

脱毛は、カミソリなどで自分で処理することもありますが、カミソリ負けや埋没毛など、肌トラブルにも繋がりかねません。また、背中などは自分で手が届かないためどうしてもムダ毛が残ってしまいます。ではどうすればいいのでしょう。今や、街を歩けばあちこちで脱毛と書かれた看板を目にします。脱毛はサロンやクリニックで行うことが一般的となっているのです。

さて、サロンやクリニックを利用する人が増えているのですが、この両者の違いを明確に知っている人は少ないはずです。サロンで行う脱毛は、光脱毛がほとんどです。これは、弱い光を脱毛したい部分に照射して、毛根にダメージを与えムダ毛を少なくしたり、生えにくくしたりするものです。一方のクリニックなどの美容皮膚科での脱毛は、サロンに比べると本格的なものとなります。ではその内容について次に紹介します。